安心して任せることができる埼玉の外壁塗装業者をピックアップ

選ぶポイントが一目瞭然! 埼玉の外壁塗装業者の見極め方

HOME » 失敗しないために知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » 費用について

費用について

外壁塗装の費用や見積もりの見方について解説します。

外壁塗装の工事にかかる費用の実態

外壁塗装にかかる費用の総額は主に「営業経費・人件費」「塗料・養生費」「足場代」で構成されています。それぞれをさらに細かく分類すると、費用の内訳は、外壁の面積、塗料材料の種類や量、足場、養生、洗浄、下地処理、痛みの修復、人件費などの項目になります。

この中でも人件費や営業経費にかかる割合が多く、一説によると60%近くが人件費だと言われています。実はここが大事なポイントです。つまり、最初に提示した費用から大幅な値引きをうたって契約を迫る業者は、この人件費を圧縮するのです。

これはどういうことかと言えば、工事を担当する職人の人数を減らして調整するのです。塗装する人の人数が減れば必然的にひとりに対する負担が増え、それが手抜き工事につながる可能性が高くなってしまいます。

外壁塗装にかかる費用がリーズナブルになればありがたいのは山々ですが、結果として手抜き工事になってしまうのは避けたいところです。費用の安さが塗装の質の低下につながり、家を長持ちさせることができなくなってしまっては、そもそも外壁塗装をする意味がありません。

安い!に惑わされず、やはり適正価格での外壁塗装工事を行なうことを、強くオススメします。

見積もり書のチェックポイント

外壁塗装をする場合は、まず見積書を業者に提出してもらうことでしょう。この時、見積書の内容で特に注意を払う点を教えておきます。

まず、「一式」の表記には要注意。塗料一式・施工費一式などという表記はいい加減な証拠です。具体的な単位(㎡数など)が細かく見積もり書に記載されているかどうかをチェックしてください。

使用される塗料についても、メーカー名や商品名が明記されていれば合格。というのも、塗料は同じ材料でもメーカーによって性質が大きく異なります。悪い業者の場合は、シリコン塗料を選択して高いお金を払っても、実際は安いシリコン塗料を使用して施工されることもありますので注意しましょう。

さらに塗る場所と塗らない場所が明確になっているかも見てみてください。軒天・破風・雨樋の付帯塗装までしてくれるかどうかは、業者によってもまちまちですので、入念な確認が必要です。

使用塗料のランクをチェック

塗料の種類によって、単価や耐用年数は異なります。

例えば、シリコンだと耐用年数が10~15年で単価は2,300円~3,000円となりますが、無機だと耐用年数が20~25年、単価は4,500円~5,500円。

耐用年数が長いほど単価が高くなる傾向がありますが、同じシリコンでグレードが違った場合でも、価格は変わります。

また、耐用年数はあくまで目安となりますので、必ずしもこの年数まで持つとは限りません。塗料を選ぶ時は、価格の安さや耐用年数だけで判断するのではなく、塗料のランクを確認してから決めるのがおすすめです。

何回塗装するのかも要チェック

外壁塗装は「下塗り→中塗り→上塗り」の3回塗りが基本です。

主に、下塗りにシーラー、中塗りと上塗りはシリコン塗料やフッ素塗料が使用されます。そこに遮熱塗料や光触媒塗料といった特殊塗料を使用するとなると、4回塗りや5回塗りになることもあるでしょう。

塗装回数が増えると塗料代と人件費がかかり、費用も高くなります。塗装回数を増やすと、耐久性が向上し劣化を防げるようになります。そのため、4回塗りを実施している業者があるようです。

ですが、2回塗りで済ませてしまう悪徳業者も存在します。2回塗りの場合、下塗りをせずにいきなり上塗りをするケースが多く、その分耐久性は落ちてしまうこともあるでしょう。外壁塗装を失敗しないためにも、作業工程や見積もり書をしっかりチェックすることが必要です。

洗浄サービスの内容を把握

高圧洗浄をサービスで行う業者は多いですが、どんな洗浄をするのか一度確認することが重要です。

高圧洗浄は外壁塗装においてとても重要な工程で、カビや汚れ、古くなった塗料をしっかりと落とさないと塗料を綺麗にのせることはできません。

高圧洗浄は、1日がかりで行われることが普通です。しかし、サービスだからといって適当に半日で作業を終わらせたり汚れもきちんと落とされていなかったりするところもあります。

また、見積もり書に「高圧洗浄一式」と記載することもありますが、その際は単価や洗浄する場所、この金額になった理由を明確にするために業者に聞くようにしましょう。

安くても、汚れが綺麗に落とされていないと意味がありません。サービス内容や料金を把握するために、しっかりと洗浄サービスをチェックするようにしてください。

ゆっくりと余裕を持って選ぶ

外壁塗装をする場合、業者選びに失敗しないために余裕を持って選ぶことが必要です。そのため、外壁塗装の状況をしっかりと把握できず、できるだけ急いで工事をしようと焦って契約するのは悪徳業者の思うつぼになってしまいます。

悪徳業者の場合、直ぐにでも工事が必要な理由をいくつか挙げて、焦る心につけ込んできます。そのため、相場より多少高めの工事であっても契約してしまうかもしれません。

外壁塗装の状況はゆっくりと変わっていくもので、数ヶ月ほどで急激に変化することはほとんどありません。

工事を急かすような言葉は信用せずに、「一度家族に相談してみる」「一括見積もりサイトで第三者の意見を聞く」などを取り入れて上手に選んでいきましょう。