安心して任せることができる埼玉の外壁塗装業者をピックアップ

選ぶポイントが一目瞭然! 埼玉の外壁塗装業者の見極め方

HOME » 失敗しないために知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » 施工の流れについて

施工の流れについて

外壁塗装の流れや期間について解説します。

外壁塗装の施工の流れ

  1. 外壁塗装業者への問い合わせ
    ホームページや広告チラシなどで目星をつけた外壁塗装業者へ、電話やEメール、FAX等を使って見積もりを依頼します。比較検討するために、複数の業者から見積もりをとるほうが良いです。
  2. 外壁塗装業者の下見
    外壁塗装業者が現場調査をして、建物の劣化状態をチェックします。この時、建物の図面があれば用意しておくとスムーズに調査が進みます。
  3. 見積書の検討
    下見を依頼した外壁塗装業者から見積書が届きます。塗装箇所や使用する塗料の種類、追加で発生する可能性がある工事が詳細に記載されているので、入念にチェックしましょう。この時、わからないことや疑問点があれば、担当者に必ず確認してください。
  4. 契約〜工事打ち合せ
    提案内容に納得できた外壁塗装業者と契約します。その後、工事開始までに工事箇所の確認、色の選定、工事日程の調整といった打ち合わせを行います。
  5. 工事着工(足場かけ)
    まずは建物のまわりに足場を設けます。さらに洗浄水や塗料の飛散防止のため、メッシュネットなどで覆って養生します。きちんとした業者は、この時に近隣住民への挨拶や工事のお知らせをしてくれるでしょう。
  6. 工事着工(高圧洗浄)
    壁や屋根についたホコリや汚れ、苔を専用の高圧洗浄機で洗い落とします。この処理がいい加減だと、塗り替えてもすぐに剥がれてしまうような不具合につながることも。
  7. 下地調整
    外壁のクラック(ひび割れ)の補修や、鉄部分のサビや剥がれ箇所を取り除いたり、古い塗料の除去やサビ止めの塗布を行います。外壁塗装の耐久性を向上させるために欠かせない大事な作業。
  8. 塗装工事
    塗る回数は下地の種類や劣化の程度によって異なりますが、通常では下塗り→中塗り→上塗りの3回が基本。
  9. 工事完了
    塗装後、養生や足場を外したら、工事終了の確認を行ないます。また工事完了後に保証書をもらいます。
  10. アフターメンテナンス
    工事終了後でも不具合や問題が発生した場合は、塗装した業者へ連絡してメンテナンスを受けましょう。

外壁塗装にかかる期間

平均的な例ですが30~40坪で4LDKほどの家なら、必要な職人の数は2〜3名くらい。塗装工事期間は8日〜12日くらいが目安です。

アフターメンテナンスの充実度こそがキーポイント

外壁塗装業者を選ぶ際に、見積もり依頼をしますが、この時にしっかりとアフターメンテナンスやアフターサービスについても確認してください。

外壁塗装は完璧に仕上がっているようにみえても、日々劣化は避けられないものです。ですからちょっとした不具合や問題が発生する可能性も捨て切れません。そんな時に、しっかりアフターフォローしてくれる業者ならば安心です。