安心して任せることができる埼玉の外壁塗装業者をピックアップ

選ぶポイントが一目瞭然! 埼玉の外壁塗装業者の見極め方

HOME » 失敗しないために知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » 塗料の種類

塗料の種類

外壁塗装で使う塗料の種類(ウレタン・シリコン・フッ素・遮熱塗料)について紹介します。

外壁塗装で使用する塗料一覧ガイド

アクリル塗料
特徴 主成分は合成樹脂なので、色がクッキリしていて無色透明。強度もあって軽量です。
耐用年数 約3年〜5年。
メリット 塗料の中では一番低価格。重ね塗りや短いサイクルで塗替えしたい場合に最適。
デメリット リーズナブルな分、耐久性に劣ります。また水分を通しやすく、汚れやすい性質をもっています。
オススメ
ポイント
費用を安く済ませたい方。外壁の色を何度も塗り直して楽しみたい方には使い勝手が良い塗料です。
ウレタン塗料
特徴 一般的な外壁塗料として広く使われています。防水性、耐久性と共に優れた性能を発揮します。
耐用年数 約5年〜6年。
メリット 価格、耐久性、機能性とバランスが良く、外壁塗装で広く使われている塗料です。
デメリット 耐久性、防汚性、紫外線への強さといった点で、シリコンやフッ素などの上位塗料と比較すると見劣りしてしまう。
オススメ
ポイント
比較的光沢が長続きする特徴があって、艶やかさが出ます。性能と価格のバランスも良く、定期的に塗替えするなら、費用対効果を感じられる塗料です。
シリコン塗料
特徴 主成分の合成樹脂がシリコン系の塗料で、優れた耐水性、耐汚性、対候性をもっています。アクリルやウレタン塗料と比べると1.5倍程度長持ちします。価格面でも最近では一般的な価格となっていて、塗装業者からの評価も高い塗料です。
耐用年数 約7年〜8年。
メリット 防汚性が高く、長期に渡り美しさを維持できます。
デメリット ひび割れが起こりやすい欠点があります。
オススメ
ポイント
外壁に美観を与える画期的な塗料です。耐久性能を考えるとコストパフォーマンスにも優れています。ザラッとした感じを求めないのであれば、光沢が長持ちし、色褪せもしにくいのでおすすめ。オシャレな外壁も演出できます。
フッ素塗料
特徴 最高品質の塗料です。塗膜の寿命が長く、抜群の耐候性を誇っています。外壁や一般住宅で使うことは稀で、一般的には屋根や商業施設等の塗料として使われています。
耐用年数 約10年。
メリット 耐候性、耐寒性、低摩擦性、不燃性に優れ、美観を長期間に渡って維持できます。
デメリット 価格がとにかく割高。塗膜が硬いため、建物にヒビが入った場合などに、一緒にひび割れてしまうといった性能面での欠点もあります。
オススメ
ポイント
抜群の耐久性能があり、塗装が長持ちするので、何度も外壁塗装する手間が省けます。美観維持などに効果がありますが、値段が高ネックで一般の住宅で使われることはほとんどありません。
遮熱塗料
特徴 ガイナ塗料やキルコート塗料など、断熱・遮熱性能をもった塗料です。
耐用年数 約7年〜8年。
メリット 耐候性があり室内温度を下げるので、夏場は室内温度を5〜8℃下げる効果があります。また内壁に塗れば周辺温度と同一になるという性質をもっているため、暖房をつけるとすぐに暖かくなり、またその温かさを保温してくれます。
デメリット 価格が高い。
オススメ
ポイント
塗料による室内温度への影響を1番感じることができます。またフッ素塗料と同じくらい長期間の耐用年数をもっていて、さらに断熱効果が得られるので、これからますます活用される次世代の塗料です。

塗料別にみる外壁塗装の費用

塗料毎に建坪30坪の場合の外壁塗装を例にとって、おおまかな費用を算出してみました。

塗料の価格の計算方法は30坪(建坪)×3.3×1.2=118.8平米(外壁面積)×塗料の平米単価で割り出しています。

  • アクリル塗装:105万円
  • ウレタン塗装:111万3,000円
  • シリコン塗装:111万3,000円
  • フッ素塗料:136万5,000円

ここで挙げた費用例はあくまでも一例です。施工する業者によって、かなり差が出てくるのですが、平均的な外壁塗装の費用を知っておいて決して損はありません。このくらいの価格を基準に業者からの見積もりを検討してみてください。