安心して任せることができる埼玉の外壁塗装業者をピックアップ

選ぶポイントが一目瞭然! 埼玉の外壁塗装業者の見極め方

HOME » 失敗しないために知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » 塗料の種類

塗料の種類

外壁塗装で使う塗料の種類(ウレタン・シリコン・フッ素・遮熱塗料)について紹介します。

外壁塗装で使用する塗料一覧ガイド

アクリル塗料
特徴 主成分は合成樹脂なので、色がクッキリしていて無色透明。強度もあって軽量です。
耐用年数 約3年〜5年。
メリット 塗料の中では一番低価格。重ね塗りや短いサイクルで塗替えしたい場合に最適。
デメリット リーズナブルな分、耐久性に劣ります。また水分を通しやすく、汚れやすい性質をもっています。
オススメ
ポイント
費用を安く済ませたい方。外壁の色を何度も塗り直して楽しみたい方には使い勝手が良い塗料です。
ウレタン塗料
特徴 一般的な外壁塗料として広く使われています。防水性、耐久性と共に優れた性能を発揮します。
耐用年数 約5年〜6年。
メリット 価格、耐久性、機能性とバランスが良く、外壁塗装で広く使われている塗料です。
デメリット 耐久性、防汚性、紫外線への強さといった点で、シリコンやフッ素などの上位塗料と比較すると見劣りしてしまう。
オススメ
ポイント
比較的光沢が長続きする特徴があって、艶やかさが出ます。性能と価格のバランスも良く、定期的に塗替えするなら、費用対効果を感じられる塗料です。
シリコン塗料
特徴 主成分の合成樹脂がシリコン系の塗料で、優れた耐水性、耐汚性、対候性をもっています。アクリルやウレタン塗料と比べると1.5倍程度長持ちします。価格面でも最近では一般的な価格となっていて、塗装業者からの評価も高い塗料です。
耐用年数 約7年〜8年。
メリット 防汚性が高く、長期に渡り美しさを維持できます。
デメリット ひび割れが起こりやすい欠点があります。
オススメ
ポイント
外壁に美観を与える画期的な塗料です。耐久性能を考えるとコストパフォーマンスにも優れています。ザラッとした感じを求めないのであれば、光沢が長持ちし、色褪せもしにくいのでおすすめ。オシャレな外壁も演出できます。
フッ素塗料
特徴 最高品質の塗料です。塗膜の寿命が長く、抜群の耐候性を誇っています。外壁や一般住宅で使うことは稀で、一般的には屋根や商業施設等の塗料として使われています。
耐用年数 約10年。
メリット 耐候性、耐寒性、低摩擦性、不燃性に優れ、美観を長期間に渡って維持できます。
デメリット 価格がとにかく割高。塗膜が硬いため、建物にヒビが入った場合などに、一緒にひび割れてしまうといった性能面での欠点もあります。
オススメ
ポイント
抜群の耐久性能があり、塗装が長持ちするので、何度も外壁塗装する手間が省けます。美観維持などに効果がありますが、値段が高ネックで一般の住宅で使われることはほとんどありません。
遮熱塗料
特徴 ガイナ塗料やキルコート塗料など、断熱・遮熱性能をもった塗料です。
耐用年数 約7年〜8年。
メリット 耐候性があり室内温度を下げるので、夏場は室内温度を5〜8℃下げる効果があります。また内壁に塗れば周辺温度と同一になるという性質をもっているため、暖房をつけるとすぐに暖かくなり、またその温かさを保温してくれます。
デメリット 価格が高い。
オススメ
ポイント
塗料による室内温度への影響を1番感じることができます。またフッ素塗料と同じくらい長期間の耐用年数をもっていて、さらに断熱効果が得られるので、これからますます活用される次世代の塗料です。
無機塗料
特徴 汚れがつきにくく燃えにくいという特徴を持っています。また外部からの影響も受けにくいです。
耐用年数 約10年〜15年のものや、約15年〜20年のものなど。
メリット 超耐候性のものが多いため、変質や変色がしにくいという特性を持っています。この事から住宅の外壁に使用することで、美観を損ねることがないというメリットを持っています。
デメリット 価格が高い。
オススメ
ポイント
他の塗料と比べると圧倒的に耐候性が高いです。外で塗料を塗布するのであれば超耐候性の無機塗料を選び使用することをオススメします。

大手メーカーの塗料なら安心!

塗料選びをするのであれば、価格を重視して探すよりも、メーカーを見てから選ぶようにした方が良いでしょう。信頼できるメーカーを選ぶ際には、国内の上位から選ぶことが大切なことです。その中でも、上位3社の中から塗料を選ぶようにすれば、塗料選びで失敗することも少ないでしょう。
エスケー化研・日本ペイント・ALESCOの3社が90%以上のシェアを占めています。その中でも特にエスケー化研が50%以上のシェア率を誇っているのです。シェア率は信頼の証ともいえるようなものです。ですから、シェア率を知ることで、塗料選びをする時の判断材料として有効活用できるでしょう。
他にも、外壁塗装会社に塗料を提案された際もパンフレットなどを見れば、塗料の特徴を調べることができます。それを参考に塗料選びをするのも1つの選択肢といえるでしょう。

パンフレットやカタログはここをチェックする!

パンフレットやカタログを参考にして塗料を選ぶことも多いです。どんなポイントを見れば良いのか紹介します。

  • 樹脂名 …塗料のグレード、耐久性や特徴。
  • 溶剤 …弱溶剤型、溶剤型。
  • 弾力性 …硬質塗膜、硬質塗膜。
  • つや …ありか無しか。3、5、7、10部つやなど様々。
  • 機能性 …一般的に使用するなら一般塗料。特殊な場所に塗布するなら高機能塗料。

塗料別にみる外壁塗装の費用

塗料毎に建坪30坪の場合の外壁塗装を例にとって、おおまかな費用を算出してみました。

塗料の価格の計算方法は30坪(建坪)×3.3×1.2=118.8平米(外壁面積)×塗料の平米単価で割り出しています。

  • アクリル塗装:105万円
  • ウレタン塗装:111万3,000円
  • シリコン塗装:111万3,000円
  • フッ素塗料:136万5,000円

ここで挙げた費用例はあくまでも一例です。施工する業者によって、かなり差が出てくるのですが、平均的な外壁塗装の費用を知っておいて決して損はありません。このくらいの価格を基準に業者からの見積もりを検討してみてください。

外壁塗装の要望を明確にすることで理想的な塗料に絞ることができる

耐久性・耐水性

耐久性や防水性は、同じ住宅で長年住み続けるのであれば軽視してはいけない存在です。耐久性が低い塗料を選べば、何度も塗り直す必要がでてきます。しかし、耐久性の高い塗料であれば、一度塗っただけであとは数年、数十年は塗り替える必要もないため、無駄に費用をかけることもなく、経済的にも優しいです。また、防水性の塗料は、家の中に雨水や湿気が侵入してくるのを防ぐ効果があるため、できるだけ塗っておいた方が良いといえるでしょう。そうすることで快適な住空間を手に入れることができます。

機能性

機能性で選ぶ場合は、夏場の室温を下げる遮熱機能や、断熱機能、カビの発生を抑えたいなら防カビ機能など色々あるので、用途に合った機能性の塗料を選ぶようにしましょう。

トータルコスト

塗料を外壁に塗るのはそれなりにコストがかかります。もし、今住んでいる住宅に長く住む予定がない場合は、安い塗料、もし長年住み続ける予定があるのであれば、機能性や耐久性を重視した高い塗料を選びましょう。トータルで見ると、どうすればコストを一番かけずに済むか良く考えさえすれば、きっと満足のいく選択ができます。

塗料の種類は沢山あるため、その全てを比較するのは大変です。理想の塗料を見つけたいと考えるなら、上記のようにポイントを絞って要望を考え、それに当てはまる塗料を探すようにしましょう。