安心して任せることができる埼玉の外壁塗装業者をピックアップ

選ぶポイントが一目瞭然! 埼玉の外壁塗装業者の見極め方

HOME » 失敗しないために知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » 外壁を長持ちさせる方法

外壁を長持ちさせる方法

外壁塗装を長持ちさせるメンテナンス方法を紹介します。

できるだけ外壁塗装を長持ちさせるポイント

外壁塗装をすることで以下のような効果があります。

  • 雨水の浸入を防ぐ耐水性
  • 外部刺激から守る耐候性
  • 雨水などは通さずに湿気は逃がす呼吸性
  • 汚れがつきにくくなる低汚染性
  • 藻やカビが生えにくくなる防藻カビ性
  • ひび割れを防ぐ弾性
  • 夏場など温度の上昇を抑える遮熱性
  • 快適な内部環境を作る断熱性

せっかく外壁塗装をしたなら、効果をできる限り長持ちさせたいと思いますよね。効果を長持ちさせるポイントを、施工前にしっかりと抑えておきましょう。

●耐久性の高い塗料を選ぶ
予算との兼ね合いもありますが、耐久年数の高い塗料を選びましょう。同じ種類(アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・遮熱塗料など)の塗料でもメーカーによって耐久年数が異なりますので、施工前に確認しておきましょう。

●塗装の塗り回数を増やす
外壁塗装は一般的には下塗り・中塗り・上塗りをそれぞれ1回ずつ行う3回塗りが基本です。さらに長持ちさせるためには、全ての工程を2回ずつ塗り重ねて6回塗りを行うこと。費用はその分かかりますが、3回塗りより塗膜の耐久性は上がり、塗装が長持ちします。

●立地条件を顧慮した塗装にする
塗装は紫外線や風雨に多く晒されている部分ほど劣化が早まります。外壁よりも屋根、北側よりも南側が塗装が痛みやすくなるのはこのためです。ですから立地条件や日射量に合わせて塗料を変えて塗装してみましょう。こうすることで塗装が長持ちして、塗り替えの時期を延ばすことができます。

塗料の耐久年数を把握して長持ちさせる

外壁塗装に書いてある「耐用年数」というのは、あくまで目安です。そのため、この「耐用年数」が5年だとした場合でも、塗装してから5年後に劣化が始まるというわけではありません。

塗装してからすぐに劣化が始まり、5年経つまでその劣化が進行していきます。ですから、場合によっては2年後にはボロボロになっている可能性も十分にあるのです。

ここは、勘違いしてしまいやすい部分なので気を付けましょう。外壁塗装の耐久年数は、立地条件に左右されやすい傾向にあります。

埼玉であれば、特別天候が悪い地域があるわけではないので大きな問題は無いと考えられますが、台風が多い地域だと耐用年数よりも早く劣化している状態が酷くなるでしょう。

外壁塗装を長持ちさせる塗装業者を探す

信用できる業者を見つけるためには、「作業の手際」を見る必要があります。作業での手際の良さはプロであれば良いのは当然のことだといえるでしょう。

また、安全を確保しながら丁寧に作業しているのかどうかもチェックしておく必要があります。

作業での「手際の良さ」や「丁寧さ」というのは、会社の教育方針の影響を受ける可能性が高いため、しっかりと確認して下さい。

末端で働く作業員、スタッフが良ければ会社も信用できる良い会社だと考えて間違いないでしょう。

自分でできる外壁塗装を長持ちさせる方法

自分でできる外壁塗装を長持ちさせる方法としては、水洗いを行うというものがあります。

壁に水をかけ、できるだけ柔らかいブラシを使いましょう。柔らかいブラシでも、水を使いこすれば大抵の汚れは落とすことができます。

もし、なかなか落ちない汚れがあれば、ぬるま湯に切り替え中性洗剤をブラシでこすりましょう。そうすれば、ほとんどの汚れは落ちるはずです。

この作業をした後は、しっかりと水で洗い流すことを心がけておけば完璧です。

後は、外壁塗装をした周辺にはものを置かないようにすることも長持ちさせるためには大事なことです。

定期的なメンテナンスで長持ち

一般的にみてみると、外壁塗装は施工をしてから5年〜10年程度で確実に劣化してしまいます。

実は定期的に塗装し直すことが、外壁塗装においては1番長持ちさせるコツなのです。塗膜の劣化が出てきた場合は、なるべく早い段階で塗り替えを業者に相談し、塗り直してしまうことです。

メンテナンスのタイミングをしっかりと外さず、定期的に塗り直していると、外壁の素材が傷みにくくなり、外壁を塗装した際の効果も長持ちします。