安心して任せることができる埼玉の外壁塗装業者をピックアップ

選ぶポイントが一目瞭然! 埼玉の外壁塗装業者の見極め方

HOME » 失敗しないために知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » 外壁材の種類と特徴

外壁材の種類と特徴

モルタル、サイディング、タイルといった外壁材の種類と特徴を紹介します。

外壁材の種類(モルタル・サイディング・タイル)

外壁塗装を依頼する前に、まずはご自宅の外壁がどのような種類の材料を使っているかを調べてみてください。意外と知らない方も多いのでは?外壁塗装では、外壁材によっても塗り方が違うので、まずはその特徴を知っておくべきです。

モルタル
セメントと砂を混ぜて水で練った素材になります。耐久性に優れ、防火性能があるために多くの建物で外壁材として使用されています。樹脂系の素材を吹き付けたり、コテやローラーなどで特殊な模様をつけたりすることができ、表情豊かな演出ができるのも特徴です。
ただし、経年劣化でクラックが発生したり、その亀裂から雨水などが入り込んで内部を腐らせてしまう懸念があります。ですから塗り替えや定期的なコーキングなどの処置が必要になってきます。

サイディング
最近の木造住宅で多く使われるようになってきたサイディングは、一般的にパネル壁材とも呼ばれています。仕上げ用の板材で、セメント質と繊維質で作られるボード系(窯業系)や、アルミニウムや鉄の板材に、発泡系樹脂断熱材を補強材として成形された金属系など、サイディングの中でもいくつかの種類に分かれています。
またメーカーによっても様々な工法で作られていて、次々と新しい特徴を持ったものが開発されています。外壁材の中では比較的リーズナブルな素材です。

タイル壁
高級感と重厚な印象を与えてくれるタイル壁は、耐久性・耐水性・耐侯性においてバランスが良く、抜群に優れています。メンテナンスも簡単で壁を高圧洗浄で簡単に洗うことも可能です。
ただコストが高いことと、地震が起こった際の剥離、下地材の劣化が分かりにくい点が欠点としてあげられます。
年月の経過と共に劣化が始まるので、割れ、はがれが発生すると雨水が壁内部に浸透して下地材の木材を腐らせてしまうこともあります。