安心して任せることができる埼玉の外壁塗装業者をピックアップ

選ぶポイントが一目瞭然! 埼玉の外壁塗装業者の見極め方

HOME » 失敗しないために知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » 外壁材の種類と特徴

外壁材の種類と特徴

モルタル、サイディング、タイルといった外壁材の種類と特徴を紹介します。

外壁材の種類(モルタル・サイディング・タイル)

外壁塗装を依頼する前に、まずはご自宅の外壁がどのような種類の材料を使っているかを調べてみてください。意外と知らない方も多いのでは?外壁塗装では、外壁材によっても塗り方が違うので、まずはその特徴を知っておくべきです。

モルタル
セメントと砂を混ぜて水で練った素材になります。耐久性に優れ、防火性能があるために多くの建物で外壁材として使用されています。樹脂系の素材を吹き付けたり、コテやローラーなどで特殊な模様をつけたりすることができ、表情豊かな演出ができるのも特徴です。
ただし、経年劣化でクラックが発生したり、その亀裂から雨水などが入り込んで内部を腐らせてしまう懸念があります。ですから塗り替えや定期的なコーキングなどの処置が必要になってきます。

サイディング
最近の木造住宅で多く使われるようになってきたサイディングは、一般的にパネル壁材とも呼ばれています。仕上げ用の板材で、セメント質と繊維質で作られるボード系(窯業系)や、アルミニウムや鉄の板材に、発泡系樹脂断熱材を補強材として成形された金属系など、サイディングの中でもいくつかの種類に分かれています。
またメーカーによっても様々な工法で作られていて、次々と新しい特徴を持ったものが開発されています。外壁材の中では比較的リーズナブルな素材です。

タイル壁
高級感と重厚な印象を与えてくれるタイル壁は、耐久性・耐水性・耐侯性においてバランスが良く、抜群に優れています。メンテナンスも簡単で壁を高圧洗浄で簡単に洗うことも可能です。
ただコストが高いことと、地震が起こった際の剥離、下地材の劣化が分かりにくい点が欠点としてあげられます。
年月の経過と共に劣化が始まるので、割れ、はがれが発生すると雨水が壁内部に浸透して下地材の木材を腐らせてしまうこともあります。

外壁材の種類にあった塗料選びが大切

外壁塗料は、使用している外壁材によって変える必要があります。外壁材によってそれぞれ適切な塗料があるので種類別に把握しておきましょう。

モルタルへの塗装

モルタルは「ひび割れが起きやすい傾向」にあります。

ですから、モルタルを使う際は、このひび割れの問題を解決しなければいけないのです。モルタルのひび割れは、高弾性の塗料を上塗りすることで解決できます。

モルタルを下塗りした後、高弾性を2回上塗りすれば、ひび割れを防ぐことができます。しかし、2回の上塗りでは十分といえるほどの耐久性がないというのが現状です。

2回の上塗りだけというのは耐久性はそこまで強くはありませんが、低コストで行うことができるので、時と場合によっては使えます。耐久性が強いものといえば、複層弾性塗料です。

ちなみに先ほどの塗料は、単層弾性塗料と呼ばれており、これは弾性塗料の一種です。単層弾性塗料よりも複層弾性塗料の方が圧倒的に耐久性に優れています。

耐久性は優れているもののコストや手間がかかるため、これも時と場合によって使い分けるようにするのが良いでしょう。

サイディングへの塗装

サイディングは、「表面の温度が高温になりやすい」という特徴を持っています。また、「吸水性の高さ」も特徴の1つです。このサイディングは、夏場になると高温になりやすいです。

モルタルの場合だと、弾性系の塗料を塗り強度を高めるという方法を使いますが、このサイディングにはまず、弾性系塗料が使えません。塗ること自体は問題ないのですが、問題は塗った後にあります。

サイディングは、夏場に高温になるという特性があるのでこの高温によって、弾性系の塗料が柔らかくなり剥がれやすくなってしまうのです。

また、吸水していた水分が夏場の高温で蒸発し、弾性系の塗膜を膨らませます。こうなってくると見た目が悪くなるので弾性系塗料を塗ることは避けましょう。

サイディングに外壁塗装をする際は、ちゃんと塗料の種類を見て選ぶ必要があります。埼玉にあるホームセンターへ行けば、塗料が簡単に入手できるので困ったときは見に行きましょう。

見に行く際は、もちろんサイディングの外壁に塗装を施すために使う塗料を探すようにしましょう。

サイディングの外壁に適した塗料には、シリコン系塗料やハルス系塗料、フッ素系塗料があります。これらの塗料は、汚染されにくく耐久性もある塗料です。

タイル壁への塗装

一昔前までは、タイルは塗装されるものではありませんでした。

しかし、水で流すだけでは綺麗にならないという不満を持つ人も多かったため、ペイントリフォームを施す人も増えてきたのです。

これによって、タイルの美観を維持できるようになったのです。他にも、保護塗装も施すところも増えています。

保護塗装には美観を重要視するものから、機能性を重要視するものがあるので、用途によって上手く使い分けましょう。