安心して任せることができる埼玉の外壁塗装業者をピックアップ

選ぶポイントが一目瞭然! 埼玉の外壁塗装業者の見極め方

HOME » 失敗しないために知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » 依頼する時期

依頼する時期

外壁塗装の必要性や塗り替えの時期・タイミングについて説明します。

外壁塗装の必要性について

建物の外壁は、絶えず日光などによる紫外線や風雨、自動車の排気ガスといったものに晒されており、当然日々劣化していきます。また使用している塗料によっても耐久年度が定められており、経年劣化とともに塗り替えが必要になってきます。

一般的には外壁の経年劣化が進んでくると、まず見た目そのものが汚くなってしまいます。こうなると塗り替えのタイミングです。

汚れを我慢すれば、ほおっておいても良いのでは?と思うかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。外壁や屋根の塗装劣化は、建物の機能低下につながり、建物自体の寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。

外壁の汚れも塗り替えをするタイミングの目安となりますが、以下の症状が建物の外壁に表れたら、外壁塗装を早急に検討するべきです。

塗り替えをしたほうが良い外壁の症状

●チョーキング
壁を指でなぞった際に、黒板にチョークで書いたような粉が付着する状態がチョーキングです。これは塗料の劣化によるもので、ほおっておくと防水性がどんどん損なわれていきます。

●クラック
壁がひび割れてきたら要注意。クラックができるとそこから雨水が染み込みます。すると建物内部にカビが発生したり、雨漏りの原因となります。特に雨漏りは注意が必要です。不快なだけでなく、建物自体の寿命を確実に縮めてしまいます。

●カビ・こけ・藻
劣化した塗膜の表面にカビやこけ、藻が繁殖する場合は、そのまま放置しておくと壁の下地にまで浸食してしまいます。

●爆裂
コンクリート内部に雨水が侵入すると、内部が酸化して鉄筋が錆びてしまいます。この時、同時に鉄筋が膨張してコンクリートを圧迫して、その影響で外壁が剥がれ落ちてしまうことがあります。

汚れと同時にこれらの現象が外壁に表れたら、外壁塗装をする時期・タイミングです。早急に塗装業者に相談しましょう。