安心して任せることができる埼玉の外壁塗装業者をピックアップ

選ぶポイントが一目瞭然! 埼玉の外壁塗装業者の見極め方

HOME » 良い外壁塗装業者を選ぶ際の見極めポイント » 保証内容

保証内容

外壁塗装業者を選ぶ際のポイントである保証内容について解説します。

見積もり時に保証の有無をしっかりと確認

外壁塗装を業者に依頼する際は、同時に保証内容の有無についてもしっかりと確認してください。保証内容については見積書に記載されている場合もあるし、別途契約書に内容が記載されている場合があります。

たいていの外壁塗装工事には、保証がついていると思います。お見積もり時に業者に確認してほしい点は、保証内容はもちろんのこと、何か問題が起きた際に、迅速に誠実に対応してくれるかどうかということです。

業者ごとに施工終了後のアフターサービスにも違いがあるので、その点も確認すべきです。

外壁塗装の保証内容・保証期間について

外壁塗装の保証年数は使用する塗料によって異なります。一般的には以下の年数が保証されるようです。

  • ウレタン塗料…5〜6年
  • シリコン塗料…7〜8年
  • フッ素系塗料…10年
  • 断熱塗料ガイナ…7〜8年

一般的な塗装の保証は、ウレタンの場合は5年程度の保証がつきます。ただしが木部や鉄部などの保証、また基礎や土間などがモルタル化粧仕上げの場合は1年か2年程度です。塗装の保証に関しては、塗料とあわせて塗る部位によって違いがでてくるので、注意してください。

フッ素系などの塗料は10年前後の保証がついていますが、これはあくまで壁面の塗膜が対象になっている場合というのも多いです。ですから木部や鉄部の塗装、サイディングの継ぎ目のコーキングなどは、せいぜい2年程度の短期保証となっている場合もあるので、しっかりと確認しておいてください。

また自然災害や適切な維持管理を行なっていない場合は、保証の対象外になってしまいます。

さらにせっかく保証書があっても、施工業者が倒産してしまっては目も当てられません。そういった場合の保証は無効になってしまうか、あるいは第三者機関に引き継がれることになるのか、事前に調べておきましょう。

保証期間や保証内容に優れた
埼玉のおすすめ外壁塗装業者はこちら>>